新築現場 基礎工事Ⅱ

新築現場 基礎工事Ⅱ

シーダーホームズの杉野です。
新築現場にて、基礎工事が進められております。

新築現場 基礎工事Ⅱ
基礎ベースコンクリートを打ち込む前の、鉄筋配筋工事が行われました。
コンクリートと鉄筋は、双方の短所を補い合うことで、さらに高い強度を得られます。
コンクリートの弱点である引張力を補うため鉄筋を配筋し、耐久性をより確かなものにします。
そして、熱に弱く錆びやすい鉄筋を、熱に強いコンクリートによって覆い、鉄筋を保護して錆びないよう酸化を防ぎます。
鉄筋をまっすぐに組み、コンクリート打設の際には空気が入らないよう、慎重に施工していきます。

JIO 配筋検査 05 (1).JPG
そして、基礎鉄筋配筋が組まれた後、配筋検査が行われました。
設計図書に基づいた配筋であることを記録に残し、JIO(日本住宅保証検査機構)による検査を受けました。