土間から考える暮らし方

土間から考える暮らし方
この記事を書いているのは
専務の杉野茂樹です。
(2021/06/08 掲載)

2465bc601462955029b33902a420b23be21a32c9.jpg
6月に入り、もうすぐ梅雨の時期。
梅雨時って
家の中もジメジメしますよね。
玄関から直に部屋に入るよりも
土間スペースがあることで
少しさっぱりしますよ。
少し濡れたものを
家の中に持ち込まないですむって
けっこう心地いいですよね。

0169ac2f4f3c3351aefe39febc90f3d5.png

土間は便利!
土間のある家って
イメージできますか?
近頃は土間スペースのある家が
好まれています。
多くの場合は
靴を収納する場所になるのですが
少し広めにつくることで
家の中のゆとりを
増やすことができます。


靴の収納はもちろんのことですが
小さな子どもさんがいる場合
一番便利なのが
ベビーカーの置き場ですね。
我が家は、今まさに
ベビーカー置き場として
重宝しております。
そして、外遊びのグッズ
さらにレインコートなどの
置き場として。
家の中に持ち込みたくないけど
外にも放っておくことも
したくないものって
特に子育て中って
たくさんあります。
少し大きくなったら
部活動の荷物も置けます。

こんな形なら
開け閉めしなくて
通りやすいなぁ・・・

72.jpg

とりあえず、は失敗の元
わが家にも
土間収納スペースを設置しました。
実際便利に使っていますが
収納というのは
自分の暮らし方をイメージしないと
ぴったりとくるものにならない!!

と実感しています。

我が家は
仕切りの扉をつけたのですが
それを面倒に思う時があり
結局、表玄関のたたきに
靴を出しっぱなししております。
さらに、コートやかばんを
置けるようにしておけば
リビングが散らからなかったかも(´;ω;`)
仕切りの扉をつけずに
土間に入りやすくしていたら
もう少しだけ落ち着いた
リビングで過ごせたのでは?と
考えてしまいます。

これくらい浅くて多くの棚で
しかも可動式!
スペースが上手につかってある!!

73.jpg

収納の原則は土間でも必要です。
暮らし方も年齢によって変わりますが
収納の原則はあまり変わりません。
「必要な場所に必要なスペースを」
ですが、必要かは人それぞれ
家族それぞれ違います。
ですから、そんな部分も
家づくりの際には
じっくり振り返り
掘り下げて考えることが
必要になってきます。
しっかり考えても
暮らしが少しづつ変わるのは
これは仕方のないことです。
しかし、とりあえず必要だしとか
適当に考えてしまうと
あー、もう少し考えるべきだった
と、あっという間に
後悔が始まります。

7.jpg

何のために必要だと
感じているのか。
本当にそれは
自分の暮らしにあっているのか。
改めて振り返ることは
とても大切です。
ぜひ、収納スペースからも
家づくりを考えてみてくださいね。

家づくりコラム掲載 2021/06/08
担当:杉野茂樹

お問い合わせはこちらへ

メニュー