手の届く価格を実現

高品質な注文住宅を手の届く価格で提供したい。その想いから、建材や住宅設備を独自の「ルール」そ設定することによりコスト削減を実現しました。

価格を抑える仕組み
部材.jpg
01.徹底したコストカット
建材や材木を仕入れるコストを、『同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる』勉強を行い、仕入れ価格を抑える努力をしています。
一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、独自の仕入れ価格削減の方法です。
これは、東証一部上場の株式会社ナックさんの協力を得ることで、全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることによって実現しています。
また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。
無題.jpg
02.部材の選択
住宅建築に用いる建材や部材の種類は、今や数万種類ともいわれています。
サッシや窓の種類ひとつとっても、その数は6万種類にも及びます。そのすべてを比較、検討して一つひとつ選んでいたらそれだけで何十年もかかってしまいます。
そこでシーダーホームズでは、使用部材をアイテムごとに一定程度まで限定しました。
アイテム数をある程度絞ることで、メーカーへまとまった数量を発注できるため、仕入れ価格も抑えられるということなのです。
report-3050965_960_720.jpg
03.建築にかかる費用以外を徹底排除
大手ハウスメーカーなどで坪単価が高いと言われるのは、CMや雑誌などの広告宣伝費モデルハウスの維持費等が、建築費用に入れ込まれることが大きな要因です。
シーダーホームズでは広告宣伝費を極力抑え、お施主様の新築の御宅を、期間限定のモデルハウスとして販売します。
そうすることで建築費用にかかる費用をお客様の建てる住宅に入れ込まないようにしています。

商品ラインナップはこちら

メニュー