湿気の対策

湿気の対策
この記事を書いているのは
専務の杉野茂樹です。
(2021/06/14 掲載)

2465bc601462955029b33902a420b23be21a32c9.jpg
ジメジメ、しとしと。
梅雨のイヤな時期がもうすぐそこですが
家の中では快適に暮らしたいですね。
そんな暮らしの小さな工夫や
家づくりの段階から
湿気にそなえる工夫まで
お伝えします。
日本人なら毎年体験する梅雨時。
あなたはどんな対策をしますか?

63.jpg

梅雨は湿気との闘い
毎年、この時期になると
家の中がジメジメ・・・。
ちゃんと乾いたはずの洗濯物も
なんだかじめじめとしてきますね。
洗濯物はほぼすべてを
乾燥機やサーキュレーターで
乾かしている我が家でも
たたんで片づけているものが
湿気を感じてしまいます。

湿気対策、みなさんは
どのようにしていますか?

ちゃんと乾いたはずの洗濯物も
なんだかじめじめとしてきますね。
洗濯物はほぼすべてを
乾燥機やサーキュレーターで
乾かしている我が家でも
たたんで片づけているものが
湿気を感じてしまいます。

日本に住むかぎり
四季があるのは仕方ありません。
そして、地域によって
湿度も大きく違いますよね。
私の住む石川県は
日本海側の中でも1・2を争う
日照時間の短い地域なので
湿気がとても強いと言われています。

湿気が多い・強いイメージの県で言うと
沖縄も相当湿気がきついみたいですし
京都や奈良も良く言われますよね。
他にもあると思いますが
そのような地域住むならば
余計に気になることの
一つでもあると思います。

00195umbrella-girl.png

湿気対策の昔と今
昔は換気をしないと
家の中がよどむといわれましたが
高気密の家の現在
むしろ窓をあけることによって
外の湿気を家の中に
いれてしまいますよ!
今は、高気密高断熱があたりまえ
そして24時間換気が
義務付けられましたので
家は絶え間なく呼吸をしています。
ですが、外気がじっとりの今
さらなる換気を意識して
窓をあけるのは、さらに湿気を
家の中にとどめてしまうことになります。

省エネも大切ですが
湿気をとるために家で活躍するのは
従来の換気扇や除湿機
クーラーの除湿機能などです。
今やこれなしでは過ごせませんね。
適度な湿気対策は
家の適正な管理のためにも
とても大切になると思います。
吹き抜けのファンも
家の中に風をまわしてくれますね。

62.jpg

家を建てる時にできる湿気対策
家を建てる時に気を付けるなら
●壁紙ではなく塗り壁にする(漆喰など)
●吸湿作用のあるタイルをつかう。
●床材を天然木にする
●窓の性能が高いものにする

などはとってもオススメですが、、、
残念ながら価格も上昇してしまいます。

あまり費用をかけずに
できることとしては
間取りの工夫です。
それによって家の中を
風が通りやすくするのです。
雨の日以外は
換気をすることが
やっぱり大切です!

●風の通りやすい窓の配置
●風が家中を通り抜ける間取りの工夫

※風の流れを
シミュレーションすると
わかりやすいです。
●クローゼットや
個室の扉を設置しない

これなら
費用がかからずに
違いを生み出すことができます。
梅雨は短い期間ではありますが
カビは防ぎたい!!

ちなみに我が家は・・・
クローゼット等の扉はつけていませんが
個室には扉があります。
その扉は、基本的に開放してあります。
(来客の時は閉めます。)
お風呂場もトイレも
クローゼットの扉も開けてあります。
洗濯機のフタも必ず開けてあります。

だらしないわけではありませんよ(笑)
おかげで??あまりカビに
困ったことがありません。

6.jpg

神経質になりすぎると
気づまりになります。
ドアを開けっぱなしって
だらしないの代名詞のようですが
堂々と胸をはって
賢い暮らしの知恵(笑)と
家族にも伝えてあります。

我が家の対策は
あくまでも我流ですが、、、
もっとこうするといいよ~
という方法を知っている方がいれば
ぜひ教えてくださいね♪

家づくりコラム掲載 2021/06/14
担当:杉野茂樹

お問い合わせはこちらへ

メニュー
石川県金沢市の注文住宅・デザイン住宅ならシーダーホームズのHOMA(ホーマ)におまかせ

〒920-0863
石川県金沢市玉川町12-12 プレジデンス白銀 1F

076-207-7560

夢のマイホームを実現、石川県金沢市の注文住宅・デザイン住宅ならシーダーホームズのHOMA(ホーマ)で決まり!