2023年6月22日

会長 杉野 識の生い立ちと家づくりへの想い

ヤンチャだった少年時代

昭和33年 7月 7日
石川県金沢市の中心で
杉野家の長男として誕生。

父、母、私、弟の4人家族。

私の父は私の誕生から3年後に
『スギノガラス店』を開業しました。

社長 子供3.jpg

両親はどちらも忙しく働いていました。
特に戦後から私が生まれるまでに
必死に家族を守るために仕事を頑張る
父の背中を見て育ちました。

あまり構ってもらえなかった時間も
ありましたが、自由奔放に楽しく遊び
育っていきました。

ガラス4.jpg

小学生時代は友達と毎日のように遊び
近所の東山や卯辰山などに行っていました。

そして中学校時代は水泳部に所属。
金沢市の大会で、入賞したりもしました。

社長 子供2-1.jpg
金沢の中心地で生まれ育ち
地域の人たちに見守られながら
中学生時代までを送りました。

今になって思えば、地域の人々には
とても感謝すべきことです。

家づくりへの原点がここに

この頃、父親は地域密着の建築会社として
「杉野商事 有限会社」を法人設立しました。

高校に入学し、その後も進学を考えていたのですが
父親の会社で住宅建築を間近に見ることで
家を建てることへの関心が出てきたのです。

旧事務所.jpg

しかし、建築を学ぶ場所なんて
どこに行けばいいかわかりませんでした。
そこで当時の担任の先生に相談したところ
建築設計の専門学校はどうか?と
薦められました。

今となっては担任の先生の薦めがあってこそ
家づくりに関わって仕事をすることが
現在もできているので、とても感謝しています。

高校卒業後、私は大阪の設計専門学校へ進学し
建築のイロハを学びました。

貧乏学生ではありましたが、学生生活はとても楽しく
建築の知識を蓄えながら、有意義な時間を
過ごしました。

社1.jpg

建築の世界へ

専門学校卒業後、本当の兄のように慕う
先輩がいる設計事務所に就職しました。

その設計事務所で、住宅はもちろんのこと
インフラ開発現場や大型ビルの施工など
さまざまな建築の仕事を経験し
大きな学びを得ることが出来ました。

この頃の経験が、今の仕事にも
大いに役立っていると自負します。

家業の住宅会社へ入社

父親が経営する会社に入社したのは
1987年のことでした。
時代はバブルで後継機真っただ中でしたから
世の中が浮かれた雰囲気になっていました。
そんな中でも、昔から家づくりに携わってきた
職人さんたちと、実直に現場仕事に従事し
住宅建築を行っていきました。

今思えば、ここで浮かれたムードに流されず
家づくりを行っていたことが、後になって
とても良かったと思っています。

スギ工務店【SUGIWORKs】は
『モデルハウスやショールーム』など
立派な建物や事務所を構えてありません。

00" height="321" />

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土地のこと、間取りのこと、住宅性能のこと...etc
お客様の家づくりに対する
不安と疑問にお答えします。

お気軽にSUGI WORKsまでお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント